FC2ブログ

日曜劇場『JIN-仁-』 第八話

『JIN-仁-』 第七話のおさらい
佐分利(桐谷健太)が発端となって起きた西洋医学所を揺るがす騒動は、仁(大沢たかお)が自ら医学所を去るという形で収まったかに見えた。しかし、西洋医学所には依然として仁のことをよく思わぬ医師たちが存在し、仁の医術を支持する洪庵(武田鉄矢)たちにもその影響は及んでいた。

ある日、茶屋の娘・茜(橋本真実)が誤って油をかぶり、大怪我を負ったことを知った仁は、咲(綾瀬はるか)と共に茜の家へ急行する。「治すには皮膚移植をするしかない」と判断した仁は、必要となる大量のペニシリン生産を洪庵に依頼。快く引き受ける洪庵だったが、「その手術を自分の知人にも見せたい」と、仁に申し出る。

そして、洪庵とその知人である濱口(石丸謙二郎)が見守る中、茜の皮膚移植の手術が始まった。手術は順調に進み、その医術を目の当たりにした濱口も驚きを隠せない。しかしこの後、仁たちを待ち受けていたのは、予想もしない出来事だった-。

『JIN-仁-』 第八話11月29日放送 21:00~ 【TBS】
大きな支えとなってくれた洪庵(武田鉄矢)を亡くし、今まで以上に強く生きることを決心した仁(大沢たかお)は『仁友堂』という病院を開院し、より薬効の強いペニシリンを作るために咲(綾瀬はるか)と日々実験を繰り返していた。しかし、従来のものより薬効の強いペニシリンを作るには莫大な金が必要であり、援助を濱口(石丸謙二郎)に依頼するも、その答えはとても期待できるようなものではなかった。

それを聞いた龍馬(内野聖陽)は、なぜか仁を吉原に連れて行く。半分呆れながらも、護衛の恭太郎(小出恵介)と共に3人で吉原を訪れると、野風(中谷美紀)が一人の武士らしき男に詰め寄っていた。男がその場を去ったのち、人だかりの中に仁の姿を見つけた野風は、病に苦しむ花魁・初音(水沢エレナ)を診察してほしいと懇願する。

■出演者の中谷美紀さん&小出恵介さん&大沢たかおさん&内野聖陽さん81.jpg

初音は客の子を孕み、中絶したことによって敗血症を引き起こしていた。瀕死の状態に陥る初音がうわ言で人気女形・澤村田之助(吉沢悠)の名前をつぶやいているのを知った恭太郎は、自らの感情を抑え、田之助に金の援助を求めてはどうかと仁に提案して--!?

■出演者の吉沢悠8.jpg


★マンガでも好評発売中です!!★(1巻~16巻まで(2009/10/12))
■JIN(第1巻) 仁      ■JIN(第2巻) 仁      ■JIN(第3巻) 仁
        

ブログランキングに参加しています!クリックしてちょんまげ!!

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へblogram投票ボタン
スポンサーサイト



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
37196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
7362位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
プロフィール
ニックネーム :ガーリック
性別 :男性
誕生日 :1983年6月28日
血液型 :A型
出身地 :北海道

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
ブログパーツ時計
YAHOO!!!!!!!!!!!!!!!!!!訪問者
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

SEO対策にどうぞ!
Feed Me!
ガーリック王国のRSSフィード
最新記事
コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
自動相互リンク
自動相互リンク