FC2ブログ

日曜劇場『JIN-仁-』 第七話

『JIN-仁-』 第六話のおさらい江戸時代にはなかった「ペニシリン」を作り上げ、梅毒治療に一石を投じた仁(大沢たかお)。その神懸り的な医術は、江戸の町に次々と広まり、南方大名神という護符まで出回るほどの大評判となっていた。そんな噂を聞き入れてか、仁は医学館の奥医師との対面を申し込まれる。
医学館の奥医師である多紀(相島一之)と対面した仁は、多紀からその素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬(内野聖陽)や恭太郎(小出恵介)も一緒になって、仁の素性をうまくはぐらかそうとするが、医学館の仁への不信感はますます強いものになるばかり。

そんな時、同席していた医学館の福田玄孝(佐藤二朗)が突然腹痛を訴え、その場に倒れこんでしまう。福田を診察し、胃潰瘍穿孔の可能性が強いと判断した仁は急遽、医学館の面面が見つめる中で緊急手術を行うことに…。
さらに、佐分利(桐谷健太)が、西洋医学所を揺るがす事件を引き起こしていたことも発覚して…!?


『JIN-仁-』 第七話11月22日放送 21:00~ 【TBS】
佐分利(桐谷健太)が発端となって起きた西洋医学所を揺るがす騒動は、仁(大沢たかお)が自ら医学所を去るという形で収まったかに見えた。しかし、西洋医学所には依然として仁のことをよく思わぬ医師たちが存在し、仁の医術を支持する洪庵(武田鉄矢)たちにもその影響は及んでいた。

ある日、茶屋の娘・茜(橋本真実)が誤って油をかぶり、大怪我を負ったことを知った仁は、咲(綾瀬はるか)と共に茜の家へ急行する。「治すには皮膚移植をするしかない」と判断した仁は、必要となる大量のペニシリン生産を洪庵に依頼。快く引き受ける洪庵だったが、「その手術を自分の知人にも見せたい」と、仁に申し出る。

■出演者の大沢たかおさん&綾瀬はるかさん
7.jpg
そして、洪庵とその知人である濱口(石丸謙二郎)が見守る中、茜の皮膚移植の手術が始まった。手術は順調に進み、その医術を目の当たりにした濱口も驚きを隠せない。しかしこの後、仁たちを待ち受けていたのは、予想もしない出来事だった-。

■出演者の中谷美紀さん&綾瀬はるかさん7-2.jpg


★マンガでも好評発売中です!!★(1巻~16巻まで(2009/10/12))
■JIN(第1巻) 仁      ■JIN(第2巻) 仁      ■JIN(第3巻) 仁
        
スポンサーサイト





ブログランキングに参加しています!クリックしてちょんまげ!!

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します! にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へblogram投票ボタン

テーマ : テレビ番組
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
37196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
7362位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
プロフィール
ニックネーム :ガーリック
性別 :男性
誕生日 :1983年6月28日
血液型 :A型
出身地 :北海道

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
ブログパーツ時計
YAHOO!!!!!!!!!!!!!!!!!!訪問者
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

SEO対策にどうぞ!
Feed Me!
ガーリック王国のRSSフィード
最新記事
コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
自動相互リンク
自動相互リンク